Blog

ブロックチェーンとは何か?—ブロクチェーンの3特徴—

はじめに

結局ブロックチェーンとは何なのか?初めてブロックチェーンに興味を持った人(特に専門外の人)が最初にぶつかる1つの疑問だと思います。

・ブロックチェーンって1言で言うと何?

知らない言葉(ハッシュ、ナンス、マイニング)が多すぎて難しい

・仮想通貨とブロックチェーン何が違うの?

このような疑問を、なるべく専門用語を使わず、ブロックチェーンの持つ3つの特徴「分散」「パブリック」「セキュリティ」を軸に、にまとめました。

 

ブロックチェーンを1言でいうと?

ブロックチェーンは1言でいうと、

「ネットワークによってデータの信頼性を担保できる価値交換システム」

と言えます。

価値交換システムは、電子決済のようなものを想定してもらって良いでしょう。

ビットコインやイーサリアムのような暗号通貨の電子決済システムの裏側にあるシステムが、ブロックチェーンと考えて差し支えはないです。

例えば既存の電子決済手段の代表例として「クレジットカード」が挙げられます。

既存のクレジットカードは、カード会社が送金データの正確性を検証します。

データ会社の持つサーバーにカード利用者の情報が蓄積されていて、支払い能力(クレジットスコア等)や不正送金ではないか等を確認します。

つまり、カード会社が決済データの正しさを証明することになります。

ブロックチェーンにおいては、正しさを証明する機能を「ネットワーク全体」で行います。

つまり、中間にカード会社のような存在がなくても、その決済データの正しさを証明することができます。ちなみに、ブロックチェーンでは決済データに限らず、あらゆるデータ(個人情報、不動産登記、免許証データなどなど)の正しさを保証することができます。

これを実現するのが、ブロックチェーンの持つ3つの特徴

・分散

・パブリック

・セキュリティ

です。

掘り下げてこの3つの特徴を見ていきます。

ブロックチェーンの特徴1:分散

ブロックチェーンは、ネットワーク内の分散されたコンピューターがデータの信頼性を担保するシステムになっています。

ブロックチェーンはネットワークに参加しているコンピューターの中で動いていており、参加者のコンピューターがデータの正しさを保証する作業に参加します。

例えばビットコインでは、この正しさを保証する作業をマイニングといい、非常にコストと時間のかかる作業になっています。

簡単に言うとある問題(アルゴリズム)を早く解くことができた人が、データの正しさを証明することができた権利を得ることができます。

そしてそのマイニングに対して報酬が支払われます。(この一連の合意形成システムをプルーフ・オブ・ワークと言います、詳しくは別記事で説明します)。

このデータの正しさを証明することで報酬が出るという構造が、中央に管理する主体が存在しなくても、ネットワークによってデータの信頼性を担保することのできる要因の1つになります。

このように、ブロックチェーンでは中央に管理しているデータサーバー等が存在しません。

つまり、仮に1台の参加者のコンピューターが乗っ取られたとしても、他のコンピューターが正しい活動をする限り、データを不正に改ざん・利用することが難しいシステムになっています。

したがって、ネットワークを乗っ取ることが非常に難しくなっています。

結論として、ネットワーク内の分散されたコンピューターによって、データに嘘がないことを証明する作業が行われます。

ここまでを読んで、「なぜみなが正しい活動をするのか?」「多数のコンピューターを乗っ取ればええやん」とか思うかもしれません。

これにはブッロクチェーンの持つインセンティブ構造、ブロックの構造、ブロックチェーンの承認ルール等が絡んできます。

詳しく、別記事で説明したいと思います。

 

ブロックチェーンの特徴2:パブリック

 

ブロックチェーンのデータは、参加者全員が自由に見ることができます。

なぜなら、ブロックチェーンはネットワークに存在するからです。

ネットワークに存在していることで、データの正しさを証明する作業を行うことができ、また参加者は自由な時に必要な信頼性のあるデータを参照、公開することができます。

少しイデオロギー的な話をすると、ブロックチェーンのイデオロギーの1つに「反権力」があります。

既存のインターネットでは、政府やIT企業が巨大な仲介者として存在しており、利用者のアイデンティティを搾取していたという主張です。

たとえば、中国では未だにインターネット上の情報全てに自由にアクセスすることは政府によって規制をされています。また、国が土地の登記データ等を不正に改ざんする、ということも考えられます。

ブロックチェーンでは、どこか特定の場所にデータが存在せず、ネットワーク全体に存在しているので、そのような巨大な仲介者によるデータの不正な操作、利用は不可能です。

したがって、反権力というイデオロギーを実現できる、と言われています。

ブロックチェーンの特徴3:セキュリティ

ブロックチェーンには、既存のインターネット以上に高度なセキュリティが備わっているとされています。

この根幹に

  1. 分散していること
  2. データが暗号に守られている

ことの2点があります。

まず前述の通り、ブロックチェーンは分散されたシステムで中央に管理する主体が存在しません。

したがって、乗っ取りをするために攻撃する中心が存在しません。

また、1台を攻撃したとしても、他のコンピューターが正しい続ける限り、データの改ざんはできません。

さらにブロックチェーンには、暗号によってデータが守られています。

このシステムのことをPKI( Public Key Infrastructure 公開鍵基盤)と言います。

ユーザーは2種類の鍵、公開鍵と秘密鍵を2つペアで持ちます。

公開鍵は公開されていますが、秘密鍵は自分しか知りません。このPKIを電子署名に用いることによって、お金を盗んだり、他人になりすましてお金を使うことを不可能にしています。

この2種類の鍵を組み合わせることによって、マイナーが正しい送金データであるかどうかという事を確認できるシステムを成立させることができます。

このようにブロックチェーンの構造それ自体と、暗号によりデータが守られていること、これらによって高度なセキュリティが備わっていると言えます。

これらは、既存のインターネットでは実現することのできないレベルのセキュリティ水準です。

まとめ:ブロックチェーンとは何か?ーブロックチェーンのこれからー

この記事では、ブロックチェーンの特徴を3つの観点、「分散」「パブリック」「セキュリティ」から、なるべく専門用語を用いずにまとめました。

改めてブロックチェーンとは、

「ネットワークによってデータの信頼性を担保できる価値交換システム」

と言えます。

さらに今回取り上げた3つの観点を交えて言うと、

「分散型コンピューティングにより、信頼された第三者を介することなく、コンピューター間でやりとりされるデータに嘘がないことを証明されている、価値交換システム」

と言えます。

それではブロックチェーンを使ってどのような社会やビジネスが実現をすることができるのでしょうか?

  • 暗号通貨による低額かつ便利な決済システム
  • トークン(暗号通貨のブロックチェーンを用いた代替貨幣)による資金調達による金融の利用可能性の拡大
  • トークンによる経済圏
  • アーティストが適切な対価を受け取れる音楽配信サービス
  • 要支援者がより多くの額を受け取る寄付システム
  • AirbnbUberのような巨大企業が仲介しないシェアリングエコノミー
  • 不正に書き換えられる事のない分散型データ管理システム

などがあげられます。

いまだにブロックチェーンの実装の可能性は大きな領域が残されています。

MITの伊藤穣一さんは2017年時点で、

ブロックチェーンは実装の観点ではマラソンで例えるといまだに5kmの時点にすぎない (2017 NCCにて)

と意見しています。

ブロックチェーンを用いた社会やビジネスは、これから大きな発展をしていくことが期待されている、ということが現状のブロックチェーンに対する見方でしょう。